充血の疑問:片目のみ充血する状態

充血の疑問:片目のみ充血する状態

充血の疑問:片目のみ充血する状態

充血の疑問:片目のみ充血する状態目の充血はさまざまな原因で発生します。

 

疲れ目が起因の場合や、ウイルス性などの感染による結膜炎、目にゴミが入ったり、刺激を受けることによっても生じる目のよくあるトラブルのひとつです。

 

一般的に目の充血は、両目に平等に起こります。鏡でみたときに、白目やまぶたの裏側が赤くなっている状態が充血の症状です。いわば、炎症が起きている状態です。

 

また、片目だけが充血することもあります。両目になるものと思われやすく、片目だけが充血すると、重い病気なのではないかと不安に感じられる方も多いかと思います。しかし、まずは冷静になってください。それほど珍しい症状ではありません。

 

充血の症状がひどいときもそうですが、片目だけの充血が気になる方は早めに眼科で検査を受けてみましょう。正しい診断を受けることで気持ちも安心するのではないでしょうか。

 

基本的に片目だけが充血する原因として、主に「外部刺激」が影響していると考えられます。目のまわりの血管が活発になることや、血管が拡張されたり血流の増加が主な充血の原因です。

 

他にも、ウイルス感染など、感染症によって発生することもある症状です。アレルギー反応が関係しているケースもあります。

 

また、現在では目を酷使されている方が増えています。長時間のパソコン作業や運転、スマホやタブレット類を長時間使うなどして目を酷使し、疲れ目や眼精疲労になることで目が充血することもあります。

 

自分がどのような原因で充血しているかを知り、対策を始めましょう。片目のみでも病気ではない限り、栄養補給などケアの方法は両目の充血時と変わりありません。日ごろから目を労わり、ストレス対策など、充血を防ぐようにケアしましょう。

▲TOPへ戻る