目の充血に関連する病気

目の充血に関連する病気

目の充血に関連する病気

目の充血に関連する病気目が炎症したときにおこるのが、充血です。

 

鮮やかな赤、青紫っぽい赤みが出る症状です。

 

このような目の充血は、疲れ目などのトラブルや目にゴミが入ったときなどにおこることもありますが、病気が潜んでいる可能性もあるので、決してあなどれない症状です。

 

目の充血の症状があらわれる主な病気が「結膜炎」です。

 

結膜炎にも、いくつかの種類があります。

 

細菌性結膜炎
文字通り、細菌に感染して発症する結膜炎です。

細菌が結膜に新融資、炎症を起こします。黄色く、粘り気のある目やにも出やすく、充血と併発しやすいです。

ウイルス性結膜炎
ウイルス感染によって結膜炎になる状態です。

流行性角結膜炎や咽頭結膜熱、プール熱といった感染症になります。
とくに感染力が強いため、自分が発症した場合には、人にうつさないように気を付けることも必要になります。

アレルギー性結膜炎
花粉症やハウスダストなどのアレルギー性の結膜炎です。アレルギー反応が原因で、炎症を起こす状態であり、季節性の場合もありますし通年発症することもありえます。

 

以上のように、結膜炎には主に3タイプあります。いずれにしても、結膜に炎症が起きて充血する状態です。

 

それぞれ適切な治療法が確立されています。眼科での検査をまず必要とするため、充血が治らない方は一度検査を受けるようにしましょう。

 

ちなみに、目の充血は、紫外線や乾燥といった外部刺激によっても発生することがあります。いずれにせよ、原因にあわせてケアすることがなにより大切です。

▲TOPへ戻る