目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!

疲れ目、充血に@体の中からいたわるサプリメント

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!現在はパソコンやタブレット、スマートフォンと、便利なアイテムが増え、便利な世の中になりました。

 

しかしその反面、目を酷使する時間が増えたことにより、目のトラブルを抱えている人が増加傾向にあります。

 

中でも多くの方が感じているのが「疲れ目」という状態です。疲れ目と聞くと、単純に目が疲れているだけと思われがちです。

 

実際疲労がたまっているのですが、ただ疲れているだけでなく、そこからさらに深刻な症状を招くことがあります。疲れ目によって充血や肩こりといった症状があらわれます。

 

充血は目の炎症のサインですから、とてもつらい状態です。

 

疲れ目および充血は早い段階であれば、正しいケアによって改善し目の状態を回復させることができます。

 

主なケア方法

  • 目の休息…長時間パソコンを使うときなど休憩をいれて目を休ませます。
  • 温める、冷やす…疲れたときに目を温めてたり冷やすケアを繰り返すと血行が促進されて疲労対策になります。
  • マッサージ…目の周りをマッサージすると血液の流れが良くなり、疲れ目などの症状を防げます。
  • 目薬…低刺激の目薬を使用すると目に潤いが出て疲れが緩和されます。

 

このように疲れ目対策のケア方法はいくつかあります。

 

上記の方法は目に直接アプローチする外部ケアになります。これに加えて、取り入れたいのが「サプリメント」です。疲れ目や充血に良い栄養素を補うことで、体の中から目の症状に働きかけて、根本的な改善をサポートします。

 

疲れ目などに有効な栄養素とは、『ルテイン、アスタキサンチン、アントシアニン、ゼアキサンチン』などです。これらの成分は目によく、栄養補給になります。食べ物にも含まれるのですが、効率よく補う方法としてサプリメントのご活用をおすすめします

疲れ目・充血におすすめ サプリメントランキング

めなり


めなりは、ビルベリー由来のアントシアニンを豊富に含んでいるサプリメントになります。


特許取得のビルベリーは、持続性や吸収性の高いアントシアニンがたっぷりと含まれています。それも、たった2粒に170rも配合!1日分でアントシアニンが豊富なビルベリーをしっかりとれます。


さらに、ルテインを12r、ゼアキサンチン2.4r配合しています。サポート成分も充実のラインナップ。配合成分は業界トップクラスになっています。有効成分を効率よく補えるので、疲れ目や充血を効果的に改善していくことができます。


価格 907円
成分 ビルベリー(アントシアニン)、ルテイン、ゼアキサンチン

公式サイトへ

アサイーベリープラチナアイ


アサイーベリープラチナアイは、目に良いベリーを4種類も贅沢にブレンドしたサプリメントになります。ビルベリーなどの4つのベリー類の中には、疲れ目対策などに良い栄養素のアントシアニンや、ビタミン、ミネラルがたっぷりと詰まっています。


そこに、赤ブドウもプラス。赤ブドウに含まれるレスベラトロールはアンチエイジングサポートにもなります。


そして、目の栄養素になるルテインは特殊製法で抽出されたものを配合し、抗酸化作用に優れたアスタキサンチンもプラス。メイン素材だけでなく副成分も充実しているサプリメントです。1日1〜4粒の摂取を習慣にすることで目のトラブルを回避。


価格 2,300円
成分 4種類のベリー、赤ブドウ、アスタキサンチン、ルテイン

公式サイトへ

ルックルックベリー


ルックルックベリーは、目のことを考えて作られたベリー系サプリメントになります。


疲れ目対策に有効なアントシアニンをたっぷりと含むビルベリーとアサイーをダブル配合。そこに、ルテインやビタミン、DHA&EPAなどをギュッと詰め込んでいます。


ビルベリー濃縮末100r、アサイー濃縮末100rを毎日手軽に補うことができ、目の疲れを感じている方の症状改善をサポート


価格 1,000円
成分 ビルベリー、アサイー、ルテイン、ビタミン、DHA&EPA

公式サイトへ

目の充血の症状を詳しく知る

疲れ目になると、目が炎症を起こして「充血」になることがあります。疲れ目と充血は密接に関係した目のトラブルなのです。

 

目の充血と一言で言っても、さまざまな種類があり、大きく分けると「結膜充血」と「毛様充血」に分類されます。

 

結膜充血
結膜充血とは、文字通り結膜が充血する状態をさします。

白目のまわり部分が集中的に赤く炎症を起こし、まぶたの裏側も充血します。鮮やかな赤色になり、その他の症状として、涙や目やにが出やすくなります。
目の充血の症状は大方、結膜充血とされています。

毛様充血
毛様充血とは、黒目の瞳孔のまわりにある角膜、眼球の一番外側にあるブドウ膜が炎症して充血する状態です。

白目の角膜まわりだけが赤くなるのが特徴的で、青紫のような赤みが出ます。

 

疲れ目による充血においては、後者の「毛様充血」に当てはまります。

 

毛様充血は疲れ目のほか、ドライアイなどの目のトラブル、コンタクトレンズによる障害が原因で発生します。

 

充血は軽い目の症状と考えられやすいのですが、その裏には「角膜炎、強膜炎、ブドウ膜炎、アレルギー性結膜炎、感染性結膜炎」などの眼病が隠れていることがあります。

 

病気であると早期治療が完治のために重要になるため、違和感をおぼえたら一度、眼科で診てもらうことが賢明な策でしょう。

 

また、充血だけでなく、目に血の塊ができる恐れもあります。充血の状態を確認してみてください。一時的でなく症状が続くようなら、早めに眼科の受診を推奨いたします。

充血の症状に効く目薬選び

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!目に何らかの症状が出た場合、ケアを行いますが、ポピュラーな方法が「目薬」ですよね。

 

ドラッグストアでも数多く取り扱っています。種類が多いということは、それだけ症状別の目薬があるというわけです。

 

ですから、自分が今悩んでいる症状に合わせて選ぶようにしましょう。

 

たとえば、目に痛みなどがなく、シャキッとしたいときにはメンソール系が適しています。

 

しかし、充血しているのならメンソールなど刺激が強いものは合いません。かえって、目の負担になってしまいます。

 

充血しているときには、充血しているときに適した目薬を選びましょう。

 

基本的に販売している目薬のパッケージに、効能などが記載されています。そこに充血とあるものを使用するか、販売店の薬剤師さんに相談するとよいでしょう。

 

結膜充血の場合は、ビタミン類が配合されているものがおすすめです。低刺激のものを選ぶことで、有効成分がやさしく浸透し、涙に近い作用によって目の保護になります。

 

ただし、目薬はあまり多用するものではありません。目に合っていない、症状が改善されないようなら、早めに眼科で診察を受けるようにしてください。

 

また、充血のタイプが鮮やかな赤でなく、青紫のような色合いなら、早めに検査を受けることをおすすめします。

目と「肝臓」は関連している?目でわかる肝臓の状態

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!目の状態で、肝臓状態がわかる!という話を聞いたことはありますか。

 

実は、目と肝臓はとても密接に関係しているようです。

 

そもそも肝臓は、『沈黙の臓器』と呼ばれるほど、不調が起きてもすぐ気づくことができません。

 

自覚症状が出て「何かおかしいな」と気づいたころには症状が進行していることが多いです。

 

肝臓は有害物質の解毒や胆汁の生成など、生命活動に欠かせない働きをになっている部分です。

 

肝臓の調子が低下し、機能が果たされなくなると、体全体に影響がおよびます。

 

健康状態の維持において、肝臓の調子の低下に早期に気づくことが重要になります。その参考になるのが、目の調子なのです。

 

中国の考えでは、肝臓に蓄積された血液の栄養により目が働いているとされています。そのため、肝臓の調子が低下していると、目にトラブルが起こると考えられます。

 

たとえば、外気にあたって涙が出ることがありますが、これもまた、肝臓が弱っているときに起こりやすいという考えがあるのです。甘いものの食べ過ぎや水分の摂りすぎなどにより肝臓の調子が悪くなっていると、目も疲れやすくなるというつながりがあるとされています。

 

時々、光がまぶしくなるなどのトラブルも同様で、根本には肝臓状態の悪さが潜んでいるのかもしれません。パソコンを長時間使うなど目を酷使することも、疲れ目や充血を招く原因になりますが、肝臓状態が影響している可能性も高くなります。

 

目に違和感がある方は、肝臓の調子を高める意識も持ちましょう。過度の飲酒は控えて、肝臓を労わるようにしてください。

 

また、黒目に薄い膜がかかっている状態は、「動脈硬化の兆候」とされています。このように目の調子は、内臓を反映していることがあります。

 

ただの目のトラブルと軽視してはいけません。自分の状態を知る良いきっかけです。眼科や内科で検査を受けて、体の状態を把握し、改善していきましょう。

女性に多い目のトラブルの原因「アイメイク」に注意

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!疲れ目や充血、目の乾燥など、目のトラブルの主な原因は、目の酷使にありますが、それ以外の外部刺激も影響します。

 

コンタクトレンズ障害で起こることもあります。そして、女性に多いのが、「アイメイク」によって発生するケースです。

 

アイシャドーやアイライン、マスカラやつけまつげ。これらのアイメイクが、目に刺激を与えて、目のトラブルの原因になることがあります。

 

まつげの生え際にある「マイボーム腺」という分泌腺が関係しています。マイボーム腺には油分を分泌し、涙の蒸発を防ぐ役割があります。

 

アイシャドーやアイランなどの化粧品が、マイボーム腺を覆ってしまうと、この分泌腺が詰まってしまいます。結果、昨日が低下し、涙は乾燥してしまい、目の乾燥を誘発してドライアイや目の充血といったトラブルを引き起こすことになります。

 

なお、マイボーム腺がふさがることで細菌感染のリスクも高まり、まぶたが腫れる「ものもらい」にも注意が必要になってきます。

 

このように、アイメイクは外部刺激となって目に影響を与えてしまうことがあります。化粧をされる際には、目の刺激にならないように十分に気を付けてください。

 

マイボーム腺の上にアイメイクを引くなどの化粧はやめましょう。目の分泌腺など構造を理解し、適切にメイクを施すようにしましょう。目に負担をかけてしまったときにはアイメイクを控えて、目を休ませることも大切です。

 

アイメイクをしたあとは、必ずクレンジングも行ってください。仕事の疲労などによってメイク落としがおろそかになると、それは目はもとより肌の負担にもなってしまいます。アイメイクを落とすときにはコットンや綿棒を活用し、丁寧に、やさしく目をケアしましょう。

眼精疲労やストレスからくる目の充血の症状

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!目が充血する原因はいくつかあります。現代人に多い、疲れ目からくるケースも増えていますが、「眼精疲労」や「ストレス」とも密接に関係してる目のトラブルです。

 

眼精疲労やストレスも、現代人の多くが抱える問題です。とくに眼精疲労は目のトラブルとしても、症状が重いものです。決して軽い状態ではありません。

 

主に長時間のパソコン作業や運転など、目を酷使することで眼精疲労を起こします。また、使用中の眼鏡やコンタクトがあっていない場合にも起こるトラブルです。

 

このようにして眼精疲労になってしまうと、慢性的になることによって目以外にも全身に症状があらわれるようになります。肩こりや体の不調を引き起こす起因になるため、眼精疲労も早期の改善が重要となります。

 

充血の症状も出るため、症状を感じている方は眼精疲労の可能性も疑ってください。

 

同様にストレスも影響します。ストレス社会である昨今は、多くの人が過度のストレスを感じ、体の不調を感じている様子がうかがえます。

 

過度のストレスは、脳に関係してきますが、目と脳はとても関係性が深いです。そのため、ストレスが脳に反応を起こすことで、目に充血という形でトラブルが発生することがあります。

 

ストレスを完全に防ぐことはできませんが、こまめに発散をして気持ちをリラックスさせることが大切です。目の充血を根本的に対策していくにあたり、ストレスとの付き合い方も考えてみましょう。

目の充血を根本的に改善するために大切な栄養補給

目の充血・疲れ目に効くサプリメントはコレ!目が充血しているとき、温冷ケア(温めたり冷やす)や目薬、マッサージなどによって症状を緩和することができます。

 

元となっている疲れ目などのトラブルを改善することが有効です。

 

ただ、目の充血トラブルを繰り返さないためには、なによりも「栄養補給」が大切と考えます。

 

症状が出るつどケアをするよりも、根本的な改善をはかる方が効率的で目のためになります

 

目に良い栄養素とは、「ビタミンA、アントシアニン、ルテイン」が基本になります。

 

まずビタミンAは、充血の症状に良いと言われています。一時的に使用する目薬もビタミンA配合で低刺激のものを選ぶと効果的です。

 

グレープフルーツなどの果物類から摂取し、体内から目へ栄養補給することも大切になります。

 

アントシアニンはブルーベリーなどベリー系に豊富に含まれるポリフェノールの一種です。アンチエイジングに良い成分として知られており、抗酸化作用に優れています。充血の症状だけでなく、疲れ目などのトラブル、視力回復にも効果が期待できる注目の目に良い栄養成分になります。

 

最後にルテインは、目にとって欠かせない栄養素のひとつになります。もともと目に備わっているものですが、それを補うことで目の機能維持をはかれます。ルテインはキャベツなどに含まれています。これらの栄養素を効率よく摂るためには、サプリメントがおすすめです。

 

なるべく食品から摂るようにしつつ、サプリメントでカバーすると、効果的に目に良い栄養素を取り入れることが可能になります。

 

目の充血や疲れ目の改善を考えている方は、目を直接的にケアするだけでなく、サプリメントを活用して内側からのケアも始めてみましょう

▲TOPへ戻る